水虫はなぜ発生するのか?原因と対処法とは?

2020年03月25日
脚を触っている女性

水虫が発生する原因は白癬菌というカビの一種が進化し、人の皮膚の角質の成分であるケラチンを栄養源とし繁殖するからです。特に人間の皮膚に白癬を作る原因となる菌は10数種類もあり、国内でも5から6種が発見されています。もともと白癬菌は土の中に住んでいたのですが、それぞれが進化することによって人の角質層に住むことになります。風邪などウイルス性の病気は、人が原因で移ることがありますが、水虫は水虫と接触してもすぐに感染するわけではないところもポイントです。白癬菌と接触することで、その菌が長い間皮膚に付いていることで感染していきます。普通は表に出てこない白癬菌ですが、靴を長時間履く機会があったり、激しいスポーツをするケースでも白癬菌には好条件となります。高温多湿という環境は白癬菌にとっては好都合で、菌がさらに増殖を始め角質層に水疱ができたりかゆみがあります。対処法は適切な治療を行うことで完治する病気ですが、治療が中途半端になると病状が再発したりするケースもあるので根気が必要です。水虫が発生いた場合たくさんの患者が、かゆみが始まり水疱が消えます。傷跡がなくなりズキズキするような痛みもなくなるのが特徴で、薬を塗ってもよくならないということで、自己判断で医師に相談せず治療を中止する人がたくさんいます。水虫の中で重要な要素は必ず医師に相談をし、感染しているかどうかを診断してもらいます。

医師からの対処法を聞いた上で、足の通気性をよくしておきます。足の環境がよくなければさらに白癬菌が増殖しますし、すぐにはなくならないことがあります。水虫の種類や感染する場所によって治療期間がそれぞれ異なることから、素人判断は禁物です。また治療を始めて症状が軽減し治ったように見えても、菌が活動を休止しているだけで再発します。足の角質層は他の部位に比べると特に角質層が厚いので、足拭きマットや皮膚の中に白癬菌が潜んでいるケースが多いです。菌が活動を再開する時を大人しく待っているので、そのあとも3ヶ月間は根気よく治療を続けていくことが大切になります。医師に相談をしその指導のもとで、皮膚が新陳代謝をする時期に合わせて治療を提案するケースもあります。これにより勝手な自己判断は、症状を悪化させる他治りにくくなります。毎日石鹸で足をよく洗い患部を清潔にしていきますが、普段から足を蒸らさないように通気性の良い靴下や靴を履くようにします。薬は患部とその周りまで広く薄く塗っていき、効果を期待します。一時期症状がなくなる時もありますが、3ヶ月は最低でも塗り続けることが水虫を完治させるポイントです。家族に同様の症状がある人がいれば、ピンポン感染しないためにも同時に治療を進めていきます。角質層が剥がれてその垢の中に住んでいるので、皮膚がふやけて剥がれやすくなっているお風呂上がりはもっとも角質が落ちやすくなっています。特に浴用タオルを始めバスタオルは独自のものを用意し、家族と共用しないようにします。そして足拭きマットは多くの場合家族共用しているケースが多いですが、水虫の場合は別で用意することも大切です。爪切りを共用したり貸し借りをすることは、水虫が移る可能性も高くなるので注意が必要になります。温泉や病院などで履くスリッパは、必ず素足では履かず靴下の上からはき、可能であれば自分のスリッパを持っていくことが望ましいです。

関連記事
ニゾラールクリームの使用上の注意点と副作用

ニゾラールクリームは、角質に感染している真菌を殺菌するために用いられる非ステロイド系の抗真菌薬になります。注意点として肌に感染することで増殖する真菌を殺菌することで、新型水虫の治療でも用いられているので安心して使うことができます。ニゾラールクリームには即効性がないため、1日2回で患部に塗布し、1から

2020年05月13日
ニゾラールにはクリーム以外に錠剤タイプもある

ニゾラールは通販や処方などでクリームタイプがよく知られていますが、内服薬の錠剤タイプもあり主成分はケトコナゾールで購入できます。白癬菌の細胞膜はエルゴステロールが生成される過程で。ラノステロールから生成される時に必要な合成酵素の働きを阻害することができます。これにより細胞膜を薄く脆くすることができ、

2020年04月24日
ニゾラールクリームを通販で購入する方法とは?

ニゾラールクリームは市販されているので、通販や個人輸入サイトで購入することができます。ニゾラールクリームは皮膚炎に効果のある薬ですが、まずは医師に症状を診断したもらったのち処方してもらいます。そこから再発防止として塗り続ける時に、個人輸入サイトや通販などで気軽に買うことが望ましいです。水虫やカンジダ

2020年04月09日